美容医療における説明義務

 判例時報2305号133頁にある大阪地裁平成27年7月8日判決の解説では,京都地裁昭和51年10月1日判決が美容外科では医師の説明義務が加重されると解しているとした上で,「説明義務が加重される根拠としては,美容外科は,…

【交通事故】ペットのシートベルト不装着と過失相殺

 大阪地裁平成27年8月25日判決(交民48巻4号990頁)は,車両の後部座席中央あたりに位置していたペット(動物用シートベルトの装着なし)が事故により前方に身を投げ出されカーナビに衝突し負傷したという事案で,「自動車に…

【交通事故】ペットの負傷と慰謝料請求

 大阪地裁平成27年8月25日判決(交民48巻4号990頁)は,原告がその夫と共有するペットが交通事故により負傷したという事案において,犬などの愛玩動物について「そのような動物が不法行為により重い傷害を負ったことにより,…

【交通事故】物損事故と確定遅延損害金請求

大阪地裁平成27年8月27日判決(交民48巻4号1011頁) 【事案の概要】  ・平成25年8月7日    ……事故発生(被告運転車両が原告所有建物を損傷)  ・平成25年12月11日    ……被告が原告に対して修理費…

交通事故による症状が固定する前に別事故により被害者が死亡した場合における後遺障害逸失利益,後遺障害慰謝料請求の可否

横浜地裁平成27年7月15日判決(交民48巻4号862頁)   【事案の概要】 平成24年8月13日:交通事故発生 平成24年10月25日:交通事故被害者が腰部脊柱管狭窄症に対する手術を受けたが,医師の重過失により死亡 …

【交通事故】人身事故と短期消滅時効の起算点

 交通事故等の不法行為について,民法724条前段は短期消滅時効(3年)の起算点を被害者等が「損害及び加害者を知った時」としている。 このうち「損害……を知った時」の解釈に関する近時の下級審裁判例の動向について,川﨑直也「…

【交通事故】死亡事故の際に内縁配偶者が取得する権利

 交通事故で被害者が死亡した場合,その配偶者が婚姻に基づく配偶者であるのか,それとも婚姻ではなく内縁の配偶者であるのかによって,加害者に請求する損害というものが異なる。  婚姻に基づく配偶者については,このような配偶者は…

【交通事故】代車料についての賠償が認められる期間

 交通事故により車両が損傷し,修理が行われる場合,その車両使用者が代車を利用する場合がある。この代車料についても賠償の対象になりうるが,実際に代車を使用した期間全てについての代車料が賠償の対象になるとは限らず,裁判例では…

脊柱変形と依頼者への説明

 自保ジャーナル1969号100頁掲載の東京地裁平成27年12月22日判決は,原告(原告の主張によると症状固定時の年齢は39歳であるとのこと)が交通事故により後遺障害等級11級7号(脊柱に変形を残すもの)に該当する後遺障…